宮崎県から新潟市への引越し料金の目安と安い業者選び

宮崎から新潟への引越しを予定されている方へ、このページでは
宮崎から新潟への引越し概算見積もり額と引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。 最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


宮崎から新潟への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
宮崎から新潟への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
宮崎から新潟への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
宮崎から新潟への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の費用が相場です。

上記は、宮崎から新潟への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越料金の見積もり
引越しをする場合の料金見積についてですが、引越しをする前には、引越し各社の料金を比べてから、引越し屋さんを選ぶとよいと思います。極端な場合は料金が2倍以上差があったりしますよ。引越し料金の見積もりを比較することで、安い引越し業者はどこなのか、サービスはどうなっているのか比較して一番良い業者を選ぶことができます。前もって見積もりをしてくれるのは、どこの引越し業者でもやってくれます。引越し料金を見積もりしてもらうには、あらかじめ引越しの見積もりの予約をしておいて、約束の日時に、担当者が訪問して、荷物の量などを見て見積もりをしてくれます。料金の算出方法については、だいたいの業者が同じようなものかと思いますが、荷物の量は全部でどのくらいなのか、その中で特に大きな荷物があるかもチェックします。それから、新しい住まいまでの距離とか一軒家かマンションやアパートかなど引越しの見積もりの金額に関係すると思います。見積の金額がわかったら、比較検討をして、最も条件がよい引越し業者に決めますが、−社くらい引越しの見積もりをしてもらうことで、サービス内容が同じような場合は、金額によって業者を選ぶということになると思いますし、値段にたいして差がなくてもサービスの違いを知ることができますから引越しの見積もりをしてもらえば値段もやすくてサービスの良い引越し会社がわかります。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金はどのように計算されているかということですが、引越し業者の料金はどんなふうにきめているかといいますと、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などが含まれています。最初に運送費についてなんですが、運送費には運賃と作業料が含まれています。トラックの大きさはどのくらいのものが必要かどのくらいの作業時間で終わる引越しかどのくらいの距離荷物を運ぶのかによって、引越し料金は違ってきます。引越しのトラックが大きければ大きいほど引越し料金は高い価格になりますし、もちろん、台数が多くなれば多くなるほど引越し料金は増額になりますし、当然ですが、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金は高い価格になりますし、その他引越しの人件費ですがこれは引越し会社の作業員のことで引越し業者の作業員の数が多ければ多いほど引越し料金の値段は高くなります。そのつぎは梱包費と交通費なのですけれど梱包費は主に、梱包のための材料費であるとか梱包作業になります。交通費といいますのは、高速や有料道路の料金ですから使わなければ必要ありません。もう一つ引越しの保険料は、保険の有無については注意しておきましょう。事故などがあった場合には、保険があるのかないのかによって対応もかなり違ってきます。引越し業者の料金はこういったものの合計になっています。業者によって梱包はサービスしてくれるところもありますから数社の業者を比べてから選ぶのが賢い方法です。

 

 

■引越しのオンライン見積もり
引越しの見積もりがインターネットでもできます。インターネットでの引越し見積もりの方法はといいますと、これを使うには、住所やメールアドレス、その他必要事項を入力すると入力作業は一度だけで、複数の引越し業者に見積もりを依頼することができるのがこの一括見積比較サイトの特徴です。何社もの引越し業者に一社一社見積もり依頼をするのは大変ですが、これを使うと、たった一回で済んでしまうこともあって、今、オンラインの一括見積もりは大変人気があるといわれています。ただ、オンラインの見積もりはかなりアバウトな料金しかわからないので、やはり引越しの見積もりをする場合には実際の荷物や搬出経路などを確認して、見積もりをしてもらわなければなりません。オンライン見積もりを使う人が多いのは、あくまで見積もり依頼を何度もしなくていいということであり、それによって、業者の見積もりを比較することができることです。多くの引越し業者の見積もりを比べることで最もお得に引越しができる業者がわかりますから、一番条件のよい業者を選ぶことができるということです。実際に引越し料金は業者によってかなり差がありますから、安い引越し業者を選びたい方には絶対におすすめですね。

 

■引越しの見積もり比較
引越しの料金についてなんですが、見積を比較する場合にはポイントになる点がありますどんなところをくらべてみるとよいのかということですが、見積の比較というとまずは金額で比較するのはそれ以外のサービス内容でもチェックしておくとよいかと思います。どんなことかといいますと、引越し業者の見積もりを比べる場合は、プランの種類がいっしょであってもダンボールがどれくらいつくのか、ハンガーボックスなどもあるのかとか梱包材料はどんなものまで含まれるかも引越しの見積もりを比べる場合には注意しておきましょう。中には、引越し業者と契約時に、お米とか、何かのプレゼントがあるとか、というキャンペーン中だったりとかタンスの中の衣類などは出さなくてもよい場合もありますし、タンスの中身を出さなければならないこともあります。引越しの見積もりをしてもらったら3社くらいは見積もりを依頼して、値段とサービス内容について比較してみるのがいいですね。見積を比較することによって、値段が安いのはどこであるか、サービス面ではどこがよいのかといったことが、わかるので、お得な業者を選ぶことができます。といったことで、比べてみると業者によってかなり差があったりすることも多く、何社かの見積もりを比べて選ぶと損をすることがありません。

 

■引越しと防震
引越の際に、防震対策もしておくというのは合理的です。最近は、引越し業者さんのサービスでも引越しをする際に地震対策もやってくれるサービスもオプションで頼めることが多いようです。防震、免震のグッズなども、いろいろと引越会社では用意しているようです。例として、引越しの際に家具を設置したあとに家具を固定して倒れないようにするような固定金具といったものもありますし、家具の設置をする下に振動を吸収するようなシートを敷いておくものもあります。引越が終わってしまってから地震対策グッズを取り付けるのは大変な場合もあります。地震対策グッズを買い揃えるのも大変ですが、そのようなオプションを利用すれば、荷物を動かすついでにできるので合理的ですね。地震対策のサービスでは各引越し会社によっても、やり方が違う部分もあると思いますし、対策費用にも違いがあるのではないかと思います。各引越し業者のホームページなどに地震対策のオプションや方法、料金などが、掲載されていると思いますからそちらで確認をして違いを比べてみるのがよいかと思います。引越の際に地震対策もやっておくということは、大切なことではないでしょうか。これに関しては引越し会社の方から勧めてくるようなこともないようなので、こちらの方から聞いてみるとよいのではないかと思います。

 

 

宮崎から新潟への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
宮崎から新潟への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
宮崎から新潟への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
宮崎から新潟への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の費用が相場です。

上記は、宮崎から新潟への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越し業者の種類
どんな引越し業者を選ぶのがよいのかということですが、引越し業者といっても色々な引越し業社があると思います。テレビCMで聞いたことがある大手の引越し業社だったり特定の地域や引越し形態に特化した引越し業者などもあります。引越し専門以外でも、多くの運送業者が引越し業務もしています。そのように多くの業者が引越し業社にはありますがどの引越し会社を利用するのがよいのかは自分の引越しに合わせて決めればいいと思います。例えば、学生などの引越しの場合では、家具や家電がついているような賃貸マンションなどに住む人もいると思います。こういったケースですと、家具の運搬などもないわけですから、宅配便でダンボールをいくつか送れば済んでしまうこともあるでしょう。その他、単身赴任の引越しの場合には、ほとんどの業者では、単身パックのようなサービスがありますので、そちらを依頼すればあまり手間をかけずに単身の引越しができるのではないかと思います。こういった感じで、引越し会社を選ぶには自分の引越しのスタイルや引越しの規模に合わせて決めるのがいいと思いますし、また、引越し料金は業者によってかなり違いますので、複数の会社から見積もりをしてもらって比較をして、価格はもちろんなのですが、どこまでの作業をやってくれるのかも確認して、最もお得な会社に依頼するのがよいですね。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングというのがありますが、これから引越しを考えている人にとってはけっこう役に立つ情報として使うことができますよ。ランキングで上の方になっているような引越し業者ですと、対応の悪い業者にはあまりあたらないと思います。引越し業者のランキングを見ることができるのは、色々な引越し業者を一括でオンライン見積もりをしてくれるサイトなどで載っていたりします。例えば引越し業者のランキングでは引越し料金見積が安かった業者や営業対応がよかった業者の評価であったり、引越し作業員の態度がよかったかという評価やスピード、サービス全体などを見て引越し業者のランキングが付けられています。これから引越しをしなければいけない人にとっては、どの引越し業者を選んだらいいのかわからないという人が多いと思いますけれど、そういった場合には、このランキングを参考にしてみると、かなり参考にすることができて、役に立つものだと思います。一括見積サイトに掲載されているのは、このサービスを通じて実際に利用した人の率直な感想が書かれているので、引越し業者選びで失敗をしてしまわないために、役に立つ情報ではないかと思います。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者に引っ越しを依頼する場合には、自分の引越しのスタイルによって、引越し業者や依頼するサービスの選び方も違います。例えば、家族で一家そろって引越す場合は、人数も多ければ当然ですが、荷物も多くなるでしょうから、引越しもそれなりに大仕事になります。小さな子供などがいれば、また、大変です。家族での引越しの場合には、作業量と、どれだけ手間をかけることができるかで、業者や依頼するサービスを選択する必要があります。赤ちゃんがいる家庭の場合であったり、お年寄りの方も一緒に引越す場合は、子供やお年寄りの分も引越しの準備が必要ですし、引越しの時は、引継ぎなど仕事もなにかと増えますので、引越しの準備を仕事の合間に行うわけですからなかなか進まないと思います。こういった場合に便利なのは、全部おまかせコースとかいうような荷造り、梱包作業も引越し業者に任せてしまえるようなサービスのある引越し会社とそのサービスを依頼すれば、引越し業者がやってくれるので助かると思います。それに対して、単身引越しの場合は、荷物もそんなに多くないと思いますので、家族の引越しなどの場合と比較すれば、引越し作業と言ってもそれほど大変ではないでしょう。単身パックなどがある引越し業者がありますので、てっとり早く、わりと安い料金で引越しができると思います。一家そろっての引越しと違って、単身でしたら荷物も多くないので、そのように、単身向けに手軽なサービスがある引越し業者を選ぶとよいでしょう。

 

 

■引越しのらくらくパック
引越業者のらくらくパックというサービスがありますが、引越し業者のらくらくパックとは大手の引越し会社などであればたいていありますが、名前やプランの引越し内容はその会社によって違いますが、例えばクロネコヤマト引越しセンターの場合は引越しらくらくパックというように呼ばれていますけれど日通ではゆうゆうこんぽと呼ばれていたと思います。松本引越しセンターはおまかせコースだったかと思います。引越会社の作業員が小物類の梱包も荷物の搬出から搬入まで梱包の解体まで全て任せることができる文字通り、らくらくに引越しができるプランというのがこのらくらくパックです。引越しの作業のかなりの部分を業者がやってくれるパックですが、やはりいるものといらないものの仕分などは依頼者でなければわからないことです。引越しのらくらくパックのプランで梱包の解体をしてくれるプランの場合でも荷解きしてダンボールなどを回収してくれますが、そこから先の、荷物の整頓などは自分でします。しかし基本的な引越プランと比べて手間の分だけ料金は高くなりますが、プロに任せることができるので引越しの際の負担が減ると思います。赤ちゃんやお年寄りがいる家庭では引越の準備もなかなかできませんからこういったサービスを頼むのが、便利でいいかもしれませんね。

 

■単身引越し
自分ひとりで引越しをする場合は、単身引越し向けのサービス商品があります。独身者や学生の一人暮らしの引越しの場合は、家族で引越しをする場合とは、また違ったものになります。自分ひとりで引越しをする場合は、それほど大きな家具もないでしょうし、荷物の量もそれほど多くない場合が多いと思います。なので、単身の場合は、家族引越し向けのサービスにあるようなダンボールや引越しの保険などといったサービス特典もそれほど魅力的なサービスでもないでしょう。それより、引越しの料金を少しでも、安くしてもらったほうがありがたいという人が多いのではないでしょうか。単身の引越しの場合には、梱包も簡単でいいですし、引越し先まで、荷物を運ぶトラックの助手席に一緒に乗って行ける、というサービスのほうがありがたい人も多いでしょう。単身の引越しには単身の人の、学生の一人暮らしには学生の一人暮らしに適している引越しプランもあるので、それを申し込んだほうか、料金も安く済みますし、サービスもそれ用に設計されているので使い勝手もよいと思います。単身の引越しパックはだいたいのの引越し業者でそのようなサービスがあると思いますので、一度、各社の内容を見比べてみて、自分にとって一番都合のいいものはどれか探してみると、ちょうどいいものが見つかるのではないでしょうか。しょせんは自分ひとり分の荷物の量ですし、わりと安い料金で引越しできるでしょう。

 

■自分で引越し
引越しするのに特に引越し屋さんに頼まなくても大丈夫と考えてる人も特に単身引っ越しの場合などは多いと思います。自分で引越しをやってしまうことの、いいところやそうでもないところ、それについて紹介したいと思います。なんといっても、引越しを自分ですることのメリットはなんといっても、引越し業者に支払うお金がいらなくなりますので、引越しにかかる費用が安くなります。また、自分で引越しをしたほうが気分的に楽なこともあるかもしれません。引越し業者にやってもらう場合は、初めて会う引越し屋さんのスタッフに、作業の指示などをしたり、こちらが頼んでいるとはいえ、気を使ったりして気にする人の場合は気分的に楽ではないかもしれません。引越し業者を使わずに自分ですれば、家族や友達同士で引越し作業をするわけですから、和気あいあいとできるのかもしれません。引越し業者を頼まないで引越し作業をするのは、良いことばかりでなくデメリットもあります。引越し業者を使わない場合の困ったところは、実際にやってみると、引越し業者に頼むより高くついてしまったということになってしまうかもしれません。例えば、作業を手伝ってもらった友達に、食事をおごったり、何かお礼のものをあげたりしますから、トラックなどを持っていなければレンタカー代もかかりますし、結局は、引越し業者に頼んだ方が安く済んだのではないかなんてこともじつはありがちなのです。その他にも、引越しを自分で行うときには、引越し業者のように、それを専門にやっているわけではありませんので、引っ越し作業については素人ですから、床を傷つけてしまったりですとか、色々とも問題が出てくる可能性があります。そういうわけで、引っ越しを自分ですることはメリットもありますが実際にはそうでもなかったということもありますので、そんなことも考えて、どうするか決めるとよいのではないでしょうか。

 

 

宮崎から新潟への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
宮崎から新潟への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
宮崎から新潟への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
宮崎から新潟への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の費用が相場です。

上記は、宮崎から新潟への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

宮崎から新潟への引越し 参考データ

宮崎、新潟間の直線距離は約961km(県庁所在地間)

 

■新潟市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
新潟市役所 〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

 

【電力】
東北電力コールセンター フリーダイヤル(0120-175-266)
電話受付時間:月曜〜金曜 9時〜20時、土曜 9時〜17時 
祝日・年末年始(12/29〜1/3)は除く。

 

【ガス】
北陸ガス新潟支社 025-228-2131
月〜土 8:30〜17:10(祝日・年末年始 12/30〜1/3 を除く)

 

【水道】
新潟市水道局 お客さまコールセンター
フリーダイヤル 0120-411-002
受付時間 午前8時から午後9時 年中無休