宮崎県から京都府への引越し料金の目安と安い業者選び

宮崎から京都への引越しを予定されている方へ、このページでは
宮崎から京都への引越し概算見積もり額と引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。 最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


宮崎から京都への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
宮崎から京都への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
宮崎から京都への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
宮崎から京都への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の費用が相場です。

上記は、宮崎から京都への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越料金の見積もり
引越し料金ってだいたいどのくらいなんでしょう?引越しをする前には、引越しの見積もりをしてもらってから引越し屋さんを選ぶとよいと思います。実際、引越し料金って業者によってかなり違います。引越しの見積もりによって、引越し料金がいくらなのか、サービス内容に違いはあるのか、比べることでベストな選択ができます。引越し前に見積もりをするのは、どこの引越し業者でもやっています。引越しの見積もりにはまずは、引越し会社に電話をして、見積もり依頼をして、そうすると、引越し業者の営業担当が訪問して見積もりをしてくれます。料金の算出方法については、おそらくどこの業者でも同じようなものでしょうけど、荷物全体の容積がどのくらいになるのか、その他、エアコンの取り取り外し、取り付けなどの作業の有無を確認します。それ以外にも転居先までの距離ですとか何階か、エレベーターはあるかなど、引越しの見積もりの金額に関係すると思います。見積書をもらったら、各社を比較して依頼する業者を選ぶのですが、3社くらいから見積もりをしてもらうことで、サービス内容が同じような場合は、値段で判断して選ぶことになりますし、金額にそれほど差がなくてもサービス内容の一番よい業者を選ぶことができますので、どちらにしても見積もりを比べることで、お得でサービスのいい引越し業者に頼むことができます。

 

■引越し料金の仕組み
引越し業者の値段って、どうやってつけられているのでしょうか?引越し料金はどのような内訳になっているのかというと、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などの合計が料金になります。はじめに引越し料金の中の運送費ですが、基本的に運賃と作業料が運送費になっています。トラックの大きさはどのくらいのものが必要かどのくらいの作業時間で終わる引越しか新しい家までの距離はどのくらいあるのかで引越し料金は違ってきます。大きなトラックが必要になれば当然引越し料金は高い価格になりますし、そして、台数が多くなれば多くなるほど引越し料金は高い価格になりますし、もちろん、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金は高くなりますし、つぎは人件費といいますのは、これは引越し会社の作業員のことで必要な作業スタッフの数が多ければ多いほど引越し料金の金額は高くなります。その他にも梱包費と交通費につきましては梱包費は梱包に使用するダンボールなどや梱包作業になります。交通費といいますのは、下道で有料道路を使わなければ必要ない料金です。そして、保険料といいますのは引越し業者によって無い場合もあるようです。荷物が破損したりなどがあった場合に、保険がかけられているかどうかは重要なポイントになります。引越し料金はこのような内訳になっています。業者によって梱包はサービスしてくれるところもありますからそれぞれいろいろです。

 

 

■引越しのオンライン見積もり
引越しの見積もりがインターネットでもできます。とくに一括見積り比較というシステムもありよく利用されています。インターネットから、色々と引越し先の条件を入力することで、簡単な入力作業一回だけで、多数の引越し業者に見積もり依頼をすることができるというのがこの一括見積比較サイトの特徴です。何社もの引越し業者に一社一社見積もり依頼をするのはめんどくさいですが、これを利用すれば、こちらからの連絡は一回でいいので、多くの人が利用するようになってきているようです。残念ながらこの一括見積といいますのは、だいたいの値段が知りたいならいいですが、やはり引越しの見積もりをする場合には実際の荷物や搬出経路などを確認して、荷物の容積や作業量を計算して見積もることになります。ネットの一括見積の便利なところは、あくまで見積もり依頼を何度もしなくていいということであり、各社の見積もり内容を比べることができるということです。複数の引越し会社の見積もりを比べることで一番お得に引越しができる会社がわかりますから、最も条件のよい会社に引越しを依頼することができることです。実際に引越し料金は業者によってけっこう違いますから、実際に使ってみるとよくわかりますよ。

 

■引越しの見積もり比較
引越し会社を選ぶには、見積もりを比較するとよいです。引越しの見積もり比較では、一体どんな点を比較すればいいと思いますか?見積もりを比較する場合は基本的には、金額を比較するのは値段だけでなくサービス内容でも比べてみることが大切だと思います。というのは、引越し会社各社から見積書をもらったら同じプランなどでも、ダンボールやガムテープはどれだけくれるのかとか、ハンガーボックスや布団袋あるのかとか梱包材料はどんなものまで含まれるかも各社の見積もりを比較する際には注意しておきましょう。また、引越しのを依頼をすると特典として何かもらえるとか、そういったキャンペーンなどを行っていることもありますし、タンスの中身はそのまま出さなくてもよいこともありますし、タンスの中身を出さなければならないこともあります。引越し業者に見積もりを依頼するのは、数社から見積書を出してもらって値段とサービス内容について比べてみるのがいいですね。数社から見積書を出してもらうことによって、価格が安いのはどこであるか、サービス面ではどこがよいのかといったことが、比較検討することができます。ですから、引越しの見積もりをしてもらってそれで終わりというわけではなくて、複数の業者を比べて一番良いところを選ぶのがお得です。

 

■引越しと防震
引越の際に、防震対策もしておくというのは合理的です。ここ最近では、主な引越の会社さんでも引越時に家具の防震対策もしてくれるというサービスを行っているところがあります。防震、免震のグッズなども、いろいろと引越会社では用意しているようです。例として、引越しの際に家具を設置したあとに家具を固定して倒れないようにするような転倒防止のためのグッズもあれば、家具を置く場所の下に免震用のシートなどをはさんでおくというのもあります。引越が終わってしまってから地震対策グッズを取り付けるのは大変な場合もあります。そういった金具やシートなどを探して買ってくるのも大変ですが、引越しついでに業者にやってもらえば、引越のついでに、業者の人にやってもらえるわけですので、便利で楽です。引越しと防震ですが、各引越し会社によっても、やり方が違う部分もあると思いますし、それにかかる費用も違っていると思います。主な引越会社はホームページがありますので、そこにどのような地震対策をしてくれるのか載せられているはずですから、それを見て確認をしてサービス内容を比較してみましょう。引越の際に地震対策もやっておくということは、とてもよいことではないかと思います。通常は引越し会社の方から地震対策を強く勧めてくるわけでもないので、興味がある人は申し出てみるといいのではないでしょうか。

 

 

宮崎から京都への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
宮崎から京都への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
宮崎から京都への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
宮崎から京都への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の費用が相場です。

上記は、宮崎から京都への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越し業者の種類
引越し業者の選び方について考えてみたいと思います。引越し業者といってもいろいろな引越し業社があります。テレビCMで聞いたことがある大手の引越し業社だったりその地方に根差しているような中堅業者もあります。また、引越し専門業者以外にも運送業者も引越しサービスをしているところも多くあります。たくさんの会社が引越し業社にはありますがどの引越し会社を選ぶのがよいのかは、自分の引越しに合わせて考えればいいと思います。例えば、自分一人で引越しをするような場合、レオパレスなどのような賃貸物件に住むという人もいるのではないかと思います。そのような物件に引っ越しをするには、それほどの作業もないですので、宅配便でダンボールをいくつか送れば済んでしまうこともあるでしょう。同じように、単身赴任の引越しの場合には、引越し業者や運送業者に単身パックのようなサービスがありますので、そのようなものを頼めば、あまり手間をかけずに単身の引越しができるのではないかと思います。こういった感じで、引越し会社を選ぶには単身なのか家族なのかといったことや考えるのがいいと思いますし、その中でも引越し業者は、色々と比較して選ぶといいのではないかと思いますから、料金の比較をするとともに、どこまでの作業をやってくれるのかも確認して、一番お得な引越し業者を選ぶとよいですね。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングが掲載されているサイトがありますが、これから引越しをする予定がある人にはとても役に立つものではないかと思います。ランキングで高く評価されているような引越し業者は、実際に頼んでみると、選んでよかったという業者が多いと思います。引越しの業者ランキングは、いわゆる比較サイトというような、一括で見積もりできるようなサイトで載っていたりします。いろいろなランキングがあったりして、料金が安かった業者のランキングですとか電話や営業マンの態度がよい業者の評価や引越しの作業をするスタッフの態度がよかったかとか、実際の作業の質に対する評価によって、引越し業者のランキングが付けられています。近々、引越しをする予定のある人にとっては、どの引越し業者に頼んだらいいかわからないという人が多いのではないでしょうか。そういう方の場合、引越し業者ランキングを見ておけば良心的な価格で仕事も丁寧な業者を選ぶことができると思います。引越し業者のランキングや口コミというのは、実際に利用した人の意見ですからどの引越し業者を選んだらいいかを決めるために、見ておきたいものだと思います。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引っ越し会社やプランやパックなどいろいろありますが、自分の引越しのスタイルによって、それにふさわしい業者やサービスを選ぶとよいでしょう。例として、一家そろって引越しをするような場合、人数も多ければ当然ですが、沢山の荷物がありますから、当然、引越しの作業量も増えることになります。小さな子供などがいる場合は、子供も見てなければいけないので、家族全員で引越しをする場合は、自分たちでできる作業の量や作業の範囲を考えて、引越し業者やサービスパックを選択するのが賢明です。子供がまだ小さい家庭ですとか、高齢者がいる家庭の引越しの場合には、引越しの準備もなかなか大変ですし、もちろん仕事もしなければなりませんし、仕事をやりながら、家の引越しの準備をするので、なかなか時間がないのが普通でしょう。こういう人の場合では、おまかせコースとからくらくコースというようなこちらで荷造りなどもしておかなくてもよいというサービスもある引越し業者を選ぶようにすれば少し料金は高くなりますが、助かるのではないでしょうか。また、単身赴任や一人暮らしの場合でしたら、荷物と言ってもそんなにないでしょうから、家族の引越しなどの場合と比較すれば、普通の人の場合は、それほど大変な引越しではないでしょう。引越し業者の単身パックのようなサービスを依頼すると、わりと料金も安いですし、めんどくさくなくて楽だと思います。家族の引越しと違って、単身の引越しは比較的楽ですから、そのように、単身向けに手軽なサービスがある引越し業者を選ぶとよいでしょう。

 

 

■引越しのらくらくパック
引越業者のらくらくパックというサービスがありますが、引越しのらくらくパックというサービスは各引越し業者でもパンフレットにありますが、プランの呼び方であったり内容は、それぞれ違うと思います。例えば、ヤマト引越センターでしたら、引越しらくらくパックという名前ですが、日本通運はゆうゆうこんぽという名前になっていますし、松本引越しセンターはたしかおまかせコースと呼ばれていたと思います。引越し業者が小物類の梱包も搬出から、搬入まで至れり尽くせり任せることができる全部引越業者に頼めるというプランというのがいわゆるらくらくパックなのです。引越しの作業のかなりの部分を業者がやってくれるパックですが、梱包する前の荷物の整理や仕分けなどについては、依頼者側でしておかなければなりません。引越しのらくらくパックでは、荷解きまで含まれているサービス内容であっても荷物を梱包から出して梱包材は片づけてくれますが、荷物の片づけなどは自分がしなければなりません。しかし普通の引越しのプランに比べると料金的には少々割高になると思いますが、引っ越し作業の大部分を頼むことができますので、実際に、楽に引越しができるのは間違いないですね。子供やお年寄りがいる場合ではなかなか引越しの準備が大変ですから、多少は料金が高かったりしても、便利でいいかもしれませんね。

 

■単身引越し
単身引越しをする人に便利な、単身引っ越し向けの商品があります。独身者や学生など、自分ひとりで引越しですと、家族の引越しとは、また違ったところに要望があります。単身の引越しの場合は、大きな家具や家電もないですし、特に男性の場合などは、荷物もそれほど多くないでしょう。単身で引越しする場合は、家族の引越しプランのようなダンボールを必要なだけ無料サービスといったこともまあ、あるに越したことはありませんが、それよりも少しでも引越しにかかる費用を安くやってもらった方がいいという人が多いと思います。自分一人でひっこしするなら、荷造りなんかもわりと簡単で大丈夫でしょうし、引越し先まで、荷物を運ぶトラックの助手席に一緒に乗って行ける、というサービスを行っているプランが一般的です。単身赴任や独身者の場合にはそれ用の、学生の場合には、それに合っているようなサービスがある引越しのプランを探して引越しをしたほうが価格的にも安いと思いますし、それ用のコンテナなども用意されているので便利だと思います。単身の引越しパックはだいたいのの引越し業者で商品としてあると思いますので、各社の特徴などもチェックしてみて、自分の引越しの場合、どれが一番良い内容か、使い勝手のよいものを見つけて申込みするとよいですね。しょせんは自分ひとり分の荷物の量ですし、たいていは、それほど費用も高くならずに済んでしまうでしょう。

 

■自分で引越し
自分で引越しをやってしまおうと考えている人も、特に単身引っ越しの場合などは多いと思います。引越しを自分でやってしまおうという場合のいいところやそうでもないところ、それについて紹介したいと思います。とりあえず、自分で引越しを行うことのメリットはあたりまえのことですが、引越し業者に支払うお金が必要ありませんから、その分のお金がかからないで引越しができます。それから、自分の好きなようにできるので、気分的にらくということもあります。引越し屋さんを頼めば確かに楽ですが、初対面の引越し屋さんのスタッフに、あれこれと指示をしたりこちらが頼んでいるとはいえ、気を使ったりして作業はしてもらえますが、なにかと気疲れするものです。引越しを自分でする場合は、家族や友達同士で引越し作業をするわけですから、それなりに気楽に楽しく引越し作業ができるかもしれません。家族や仲間だけで引越しをする場合には、良いことばかりでなく、悪いこともあります。引越しを自分で行うデメリットは実際にやってみると、引越し業者に頼んだ方が安かったということも実際には多いと言われています。仲間同士で引越しを手伝ってもらう場合は、食事をごちそうするなり何かでお礼はしますから、トラックやワゴン車などを借りてきたり実際にやってみると、引越し業者の料金よりお金を使ってしまったということもあるようです。それ以外にも、引越しを自分で行うときには、引越し業者のスタッフのように、プロが引越しを行うわけではありませんから、実際にはそういうことは多いと思いますが、家具や荷物を傷つけてしまったり、いろいろと困ったことも起こってしまうものです。現実にそういうこともあるので、引越し業者を使わない方法はメリットもありますが実際にはそうでもなかったということもありますので、そんなことも考えて、どうするか決めるとよいのではないでしょうか。

 

 

宮崎から京都への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
宮崎から京都への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
宮崎から京都への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
宮崎から京都への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の費用が相場です。

上記は、宮崎から京都への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

宮崎から京都への引越し 参考データ

宮崎、京都間の直線距離は約530km(県庁所在地間)

 

■京都市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
京都市役所 〒604-8571 京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地 
電話:075-222-3111(代)

 

【電力】
関西電力 京都営業所 0800-777-8031(通話料無料)9:00〜20:00
京都市 北区、上京区、左京区(久多の北部を除く)、右京区、西京区、中京区、下京区、南区、東山区、伏見区(竹田向代町の一部、竹田流池町、竹田向代町川町、久我、羽束師)

 

関西電力 伏見営業所 0800-777-8033(通話料無料)9:00〜20:00
京都市 伏見区(竹田向代町の一部、竹田流池町、竹田向代町川町、久我、羽束師、醍醐一ノ切町、醍醐ニノ切町、醍醐三ノ切を除く)、山科区

 

【ガス】
大阪ガスお客様センター リビング事業部 京都事務所 フリーダイヤル0120-8-94817

 

【水道】
京都市上下水道局 お客さま窓口サービスコーナー 075-672-7770
営業時間 平日午前8時30分〜午後7時00分 土曜・日曜・祝日午前10時00分〜午後5時00分
年末年始(12月29日〜1月3日)は閉庁します。