宮崎県から静岡市への引越し料金の目安と安い業者選び

宮崎から静岡への引越しを予定されている方へ、このページでは
宮崎から静岡への引越し概算見積もり額と引越し料金を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。 最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド




電話がかかってくるのは嫌という方はコチラ!
一般的に見積比較サイトは見積依頼をすると、
見積をするために各業者から電話で連絡がありますが、

お急ぎでない方でメールだけでやり取りしたいという方には、
電話番号入力が必須でないこちらのサービスがあります。
不動産情報でおなじみSUUMOの引越し見積りです。

 【SUUMO引越し見積り】



宮崎から静岡への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
宮崎から静岡への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の料金が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
宮崎から静岡への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の料金が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
宮崎から静岡への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の料金が相場です。

上記は、宮崎から静岡への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの料金は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド




電話がかかってくるのは嫌という方はコチラ!
一般的に見積比較サイトは見積依頼をすると、
見積をするために各業者から電話で連絡がありますが、

お急ぎでない方でメールだけでやり取りしたいという方には、
電話番号入力が必須でないこちらのサービスがあります。
不動産情報でおなじみSUUMOの引越し見積りです。

 【SUUMO引越し見積り】



 

 

■引越料金の見積もり
引越し料金って、だいたいいくらくらいなんでしょう?引越し屋さんもいろいろあってどこがいいのだか?引越し各社の料金を比べてから、安くてサービスもよい業者を選ぶとよいです。見積を比較するというとめんどうかもしれませんが、まずは、見積もりを出してもらうことで各引越し会社の料金の違いやどこが一番サービスがよいのか、はっきりとわかるのです。料金見積については、一般的にはどこの業者でもそうしています。引越しの見積もりには引越し業者に電話をして見積もりを依頼します。引越し会社の人が家に来て、実際の荷物の量などを見て料金を計算してくれます。どうやって引越し料金を計算するかは、ほとんどの引越し業者で同じだと思いますが、まずは、どの荷物がどれくらいあって、荷造りは業者に頼むのか、自分でするのかなどを確認します。その他にも、新しい引越し先までも距離ですとか引越し先の住居形態などもいろいろとチェックして金額を計算します。見積をしてもらったら、それを比べて一番よい会社を選ぶのですが、何社か見積もりをしてもらうことで、ほぼ同じようなサービスないようであればだいたいは安くて対応もよかった業者を選ぶでしょう。金額にそれほど差がなくてもサービス内容の一番よい業者を選ぶことができますので、何社かの見積もりを比べて選ぶことで、最も条件がよい引越し業者を選ぶことができます。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金の仕組みについて紹介したいと思います。引越し料金の内容についてなんですが、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などが含まれています。はじめに引越し料金の運送費ですが、基本的に運賃と作業料が運送費になっています。引越しに使用するトラックの大きさや作業量はどのくらいの時間になるのか引越し先の距離などによって引越し料金の価格は違ってきます。使用するトラックが大きくなればなるほど引越し料金は増額になりますし、さらに、台数が多くなれば多くなるほど引越し料金の金額は高くなりますし、当然ですが、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金の金額は高くなりますし、他にも、人件費に関しては、されは作業員が何人必要かということで必要なスタッフの数が多ければ多いほど引越し料金の金額は高くなります。さらに梱包費と交通費なのですけれど梱包費は梱包に使用するダンボールなどや梱包作業になります。交通費については下道で有料道路を使わなければ必要ない料金です。最後に保険料がありますが、引越し業者によって無い場合もあるようです。荷物の破損や紛失などのトラブルがあった場合、保険に入っていないと、困ってしまうことがあるかもしれません。引越し業者の料金はこういったものの合計になっています。最近は、いろいろなサービスがある業者も多いですから、数社の業者を比べてから選ぶのが賢い方法です。

 

 

■引越しのオンライン見積もり
引越し見積もりにインターネットを利用する人も多いです。中でも一括見積比較サイトというものが最近人気になっています。これは、住所や引越し先や荷物の量などを入力することで、オンライン上で一括して、沢山の引越し業者から見積もりをしてもらうことができるのがこのインターネットサービスのよいところです。多くの引越し業者に自分で見積もり依頼の連絡をするのはなかなか大変ですが、一度に沢山の引越し業者の見積もりがわかるとあって最近は人気があり、利用者も年々多くなっているようです。ただし、オンラインの見積もりはあくまでも目安と考えたほうがいいと思います。やはり引越しの見積もりをする場合には実際に荷物や搬出方法などを確認して、見積もりをしてもらうという方法になります。インターネットの見積もりのよい点というのは、あくまで見積もり依頼を何度もしなくていいということであり、引越し各社の見積もり内容を比較をすることができる点です。各引越し会社を比較することによって一番お得に引越しができる業者がわかりますから、一番お得な会社を選ぶことができるということです。実際に引越し料金は業者によってけっこう違いますから、安い引越し業者を選びたい方には絶対におすすめですね。

 

■引越しの見積もり比較
引越しの料金は見積もりを比べるとよいです。引越し業者各社の見積もりを比較するといいますと、どんなところに注目をしてみるとよいかということですが、まず、見積もりを比較する場合には、金額で比べるのは値段だけでなくサービス内容でも引越しの見積もり比較をするといいですね。といいますのは、何社かから見積もりを出してもらったら、プランの種類がいっしょであってもダンボールやガムテープはどれだけくれるのかとか、ハンガーボックスなどもあるのかとか梱包資材はどんなものを用意してくれるのかとかも引越しの見積もりを比べる場合にはチェックしておくのも大切です。また、引越し見積もりに訪問した時にお米とか、何かのプレゼントがあるとか、というキャンペーン中だったりとかタンスの中身は出さないでそのままでOKのこともありましし、タンスの中身を出さなければならないこともあります。引越し会社から見積書をもらったら、何社かに見積もりをしてもらって、価格とサービスの両方を比べてみるのがいいですね。いろいろな業者の見積もりを比べることで、どの引越し業者が値段的に安いのか、サービス内容がよいのはどの業者なのかが判断できるのではないかと思います。なので、引越し見積もりは、意外に金額さがあることもよくあることなので、数社比較をしてみると一番よい業者を見つけることができます。

 

■引越しと防震
引越の時に地震対策をしておくというのはよいですよね。そういうわけで、引越業者さんのサービスにも家具を配置する際に防震グッズをしてくれるサービスもオプションで頼めることが多いようです。地震対策のためのいろいろなグッズなども引越会社では用意しているようです。一例を挙げますと引越し先で家具を配置した後に、地震で家具が倒れないようにする固定金具といったものもありますし、家具の配置を行う場所に下に免震用のシートなどをはさんでおくというのもあります。家具を全て配置し終わってからそういったものを下に敷こうというのは大変です。引越の忙しいときに、そんなものを自分で準備するのも手間ですし、引越し業者に頼めば、すべて引越しの時に同時にやってもらえますから都合がよいですよね。地震対策のサービスでは各引越し業者によって方法や使う対策グッズなどに違いがありますし、それにかかる費用も違っていると思います。主な引越会社はホームページがありますので、そこにどのような地震対策をしてくれるのか掲載されていると思いますからそちらを参考にしてサービスや料金を比べて見るとよいでしょう。このような時に地震に対する備えをするというのはできればやっておきたいことですね。地震対策については引越し業者もそれほど勧めるわけでもないので、見積もりの際などにこちらから聞いてみるとよいとおもいます。

 

 

宮崎から静岡への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
宮崎から静岡への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の料金が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
宮崎から静岡への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の料金が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
宮崎から静岡への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の料金が相場です。

上記は、宮崎から静岡への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの料金は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド




電話がかかってくるのは嫌という方はコチラ!
一般的に見積比較サイトは見積依頼をすると、
見積をするために各業者から電話で連絡がありますが、

お急ぎでない方でメールだけでやり取りしたいという方には、
電話番号入力が必須でないこちらのサービスがあります。
不動産情報でおなじみSUUMOの引越し見積りです。

 【SUUMO引越し見積り】



 

 

■引越し業者の種類
引越し業者をどうやって選ぶかということについてなんですが、引越し会社といってもいろいろな引越し会社があります。例えばよく名前を聞くような、大手の引越し業社だったりその地方に根差しているような中堅業者もあります。まだ他にも、軽貨物運送業者などいろいろあります。引越し業社にはそのように多くの業者がありますがどの引越し会社を利用するのがよいのかは自分の引越しに合った業者を選べばいいと思います。例えば、自分一人で引越しをするような場合、家具や家電がついているような賃貸マンションなどに住む人もいると思います。こういったケースですと、大手の引越し業社を頼む必要はなくて、運送業者の単身パックのようなサービスを利用すれば安く済むと思います。他にも、単身赴任の引越しの場合には、ほとんどの業者では、単身引越しパックのようなものが用意されていますので、そちらを頼めばあまり手間をかけずに単身の引越しをすることが出来ます。こんなふうに、引越し会社を選ぶには自分の引越しの内容を考えてそれに合ったもので考えるのがいいと思いますし、また引越し業者によって料金も違いますから、3社くらいの引越し業者に見積もりをしてもらって価格を比較して選ぶ他にもサービス内容についても違いがないかを確認して一番条件のよい会社に依頼するのがよいですね。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングがあるのを知っていますか?今、引越しの業者をどこにしようか考えている人には、かなり役に立つ情報ではないかと思います。引越し業者ランキングで上位にランクされているところは、実際に頼んでみると、選んでよかったという業者が多いと思います。引越しの業者ランキングは、複数の引越し業者の一括見積ができるサービスのサイトなどでよく紹介されています。総合評価と項目別評価になっていたりして、価格の安いランキングですとか、営業や、サービス対応がよい業者の評価や、引越し作業スタッフの態度や作業の質がどうであったかということの評価によって、引越し業者のランキングが付けられています。これから引越しをしなければいけない人にとっては、どの引越し業者に頼んだらいいかわからない人もいるのではないでしょうか。そういう方の場合、引越し業者ランキングを見ておけば信頼できる引越し業者がどこなのかがわかって便利だと思います。一括見積サイトに掲載されているのは、このサービスを通じて実際に、利用した人が書いている感想なので、これから引越し業者を選ぶための情報源として、参考にするといいでしょう。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引っ越し会社やプランやパックなどいろいろありますが、荷物の量や家族の都合といったことによって、都合の良い業者やサービスパックがあると思います。例として、一家そろって引越しをするような場合、人数が多くなればなるほど、荷物も多くなるでしょうから、引越しは、それだけ大変になりますよね。小さな子供などがいれば、また、大変です。家族で引越しをする場合には、自分たちでできる作業の量や作業の範囲を考えて、引越し業者やサービス内容を選ばなければなりません。小さい子供がいる家庭の場合ですとか、お年寄りの方も一緒に引越す場合は、子供や高齢者の引っ越し準備もしてあげなければいけませんし、仕事もあるわけですから、仕事をやりながら、家の引越しの準備をするので、なかなかできないのが実情ではないでしょうか。こういった場合に便利なのは、引越し業者を選ぶときにはお任せパックのような荷物の梱包など準備から引越し業者がやってくれるようなサービスがある引越し業者を選ぶようにすれば少し料金は高くなりますが、助かるのではないでしょうか。もしも単身での引越しの時には、自分の荷物だけですから、一家そろって引越しをするのと違って、引越し作業と言ってもそれほど大変ではないでしょう。単身パックなどがある引越し業者がありますので、簡単で、料金的にも安く引越しをすることができると思います。人数が多い場合と違って、単身引っ越しの場合はわりと手軽にできますので、単身パックのようなものを使って、てっとり早く引越しも終わると思います。

 

 

■引越しのらくらくパック
引越業者のらくらくパックというサービスがありますが、引越し業者のらくらくパックとは各引越し業者で商品化されていますけど、プランの名前やサービス内容はその会社によって違いますが、例えばクロネコヤマト引越しセンターの場合は引越しらくらくパックという名前ですが、日通の場合でしたら、ゆうゆうこんぽだったのではなかったかと思います。松本引越しセンターはたしかおまかせコースという名前のプランになっています。引越し業者が小さな荷物の荷造りも荷物の運搬作業まで荷解きもすべてやってくれるという文字通り、らくらくに引越しができるサービス内容になっているのが、このらくらくパックです。荷物の梱包、運搬、梱包の解体など業者がやってはくれますが、梱包する前の荷物の整理や仕分けなどについては、自分であらかじめしておく必要があります。引越しのらくらくパックのプランで梱包の解体まで含まれているプランの場合でもダンボールを片付けてくれるだけで荷物の片づけなどは自分がしなければなりません。それでも一般的なサービス内容に対して手間の分だけ料金は高くなりますが、引越し業者のスタッフがほとんどやってくれますので引越しの際の負担が減ると思います。赤ちゃんがいる家族の引越などでは引越の準備もなかなかできませんから多少は料金が高かったりしても、その分の価値はあると思います。

 

■単身引越し
単身赴任などで一人で引越しする場合は、単身引っ越し向けのパッケージがあります。一人暮らしの人が自分だけ引越しをする場合は、家族の引越しとは、また違ったところがポイントになります。単身の引越しの場合は、大きな家具や家電もないですし、特に男性の場合などは、荷物もそれほど多くないでしょう。単身で引越しする場合は、家族の引越しプランのような梱包資材のプレゼントや家具への保険というのはまあ、あるに越したことはありませんが、それより、引越しの料金を少しでも、安くしてもらったほうがありがたいという人が多いのではないでしょうか。単身引っ越しでは、荷造り梱包などもわりと簡単でよい場合も多く、荷物を運ぶ引越し業者のトラックの助手席に乗って行くことができるというサービスを行っているプランが一般的です。独身者や単身赴任の場合はそれに合った、また、学生の引越しには学生向けになっているような引越しプランもありますので、そのプランで頼んだ方が、料金も安くなるのではないかと思いますし、ちょうどいいサイズの梱包なども用意されているので便利だと思います。単身引っ越しパックは、わりと多くの引越し会社で商品としてあると思いますので、一度、各社の内容を見比べてみて、価格とサービス内容の両方から見て、気に入ったところを探してみるといいかもしれませんね。単身引っ越しの場合は、荷物も少ないので、お得に、手っ取り早くできてしまうでしょう。

 

■自分で引越し
引越しを自分でやろうと思っている人も特に単身引っ越しの場合などは多いと思います。自分で引越しをやってしまうことの、よいことや、反対に悪いところについてそれについて紹介したいと思います。とりあえず、自分で引越しを行うことのいいところはまずは、引越し業者に支払うお金がいらなくなりますので、安く引越しができるということがあります。その他にも、自分の好きなようにできるので、気分的にらくということもあります。引越し屋さんにやってもらう場合は、初対面の引越し屋さんの作業員に、あれこれと指示をしたり予定外のこともなにかと起こりえますし、気にする人の場合は気分的に楽ではないかもしれません。引越しを自分でやってしまえば、仲間や家族で引越しすることができますからそれなりに気楽に楽しく引越し作業ができるかもしれません。しかし、自分で引越しをする場合は、メリットだけでなくデメリットもあります。引越しを自分で行う場合の困ったところはひょっとして、引越し業者に頼むより高くついてしまったということも実際には多いと言われています。例えば友達に手伝ってもらって食事をおごったり、何かお礼のものをあげたりしますから、トラックやワゴン車などを借りてきたり結局は、引越し業者に頼んだ方が安く済んだのではないかという話もよく聞きます。それから、家族や友達に手伝ってもらって引越しをする場合は、引越し会社の作業員のように、ちゃんと教育研修を受けたプロとは違いますから、いつもやっているわけでもありませんし、家具や荷物を傷つけてしまったり、なにかと予期せぬことも起こりがちです。なので、引越し業者を使わない方法はメリットもありますが困ったことも起こりがちなので、一応そういうこともあることを知っておくとよいと思います。

 

 

宮崎から静岡への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
宮崎から静岡への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の料金が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
宮崎から静岡への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の料金が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
宮崎から静岡への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の料金が相場です。

上記は、宮崎から静岡への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの料金は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド




電話がかかってくるのは嫌という方はコチラ!
一般的に見積比較サイトは見積依頼をすると、
見積をするために各業者から電話で連絡がありますが、

お急ぎでない方でメールだけでやり取りしたいという方には、
電話番号入力が必須でないこちらのサービスがあります。
不動産情報でおなじみSUUMOの引越し見積りです。

 【SUUMO引越し見積り】



 

 

宮崎から静岡への引越し 参考データ

宮崎、静岡間の直線距離は約730km(県庁所在地間)

 

■静岡市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
静岡市役所静岡庁舎  〒420-8602 静岡市葵区追手町5番1号
電話: 054-254-2111

 

静岡市役所清水庁舎 〒424-8701 静岡市清水区旭町6番8号
電話: 054-354-2111

 

 

【電力】
中部電力窓口
静岡市
葵区、駿河区 静岡営業所 0120-985-210
清水区 清水営業所 0120-985-220
月曜日〜金曜日:9時〜20時
土曜日:9時〜17時
(日曜、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)は休み。)

 

【ガス】
静岡ガスエネルギー
静岡営業所 054-285-2221
静岡市葵区、駿河区

 

清水サービスステーション 054-365-1547
静岡市清水区

 

富士川サービスステーション 054-385-6562
静岡市清水区蒲原、静岡市清水区由比

 

【水道】
静岡市上下水道お客様サービスセンター
電話:054−355−1320
受付時間
月〜金曜日 8:30〜19:00
(土・日・祝日・年末年始は除きます。)
※3・4月は土・日・祝日の8:30〜17:00も受け付けます。