宮崎県から福岡市への引越し費用

宮崎県から福岡市への引越しを予定されている方へ、このページでは
宮崎県から福岡市への引越し概算見積もり額と引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。 最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


宮崎県から福岡市への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
宮崎県から福岡市への引越し概算見積もり額は
おおよそ50,000 〜 90,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
宮崎県から福岡市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ60,000 〜 150,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
宮崎県から福岡市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ70,000 〜 200,000円の費用が相場です。

上記は、宮崎県から福岡市への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越料金の見積もり
引越しにかかるお金のことなんですが、見積をしてから引越し業者を選んでます?先に見積もりをもらって比べてから、どこに頼むのかを決めるのがよいでしょう。引越し料金は、業者によってかなり違ったりします。引越し料金の見積もりを比較することで、引越し料金がいくらなのか、どの引越し会社がサービスがよいのか比較して一番良い業者を選ぶことができます。引越しの見積もりは、通常はどこの引越し業者でもそうしています。引越し料金の見積もりを依頼するには、最近は、インターネットなどで簡単に依頼ができます。すると引越し会社の担当が来て、料金を計算してくれます。引越し見積もりの計算のやりかたは、だいたいどこでもいっしょではないかと思いますが、荷物の量が全体でどのくらいになるのか、それから、荷物の搬出、搬入の経路なども確認します。さらには引越し先の距離や引越し先の搬入経路の確認など、いろいろとチェックして金額を計算します。見積の金額がわかったら、各社の見積もりを比べて契約する業者を決めるのですが、何社か見積もりをしてもらうことで、サービス内容がだいたいいっしょであれば、なるべく安い引越し業者を選ぶことになるでしょうし、価格が同じくらいだった場合、サービスの違いを知ることができますから引越し見積もりは比較をして選ぶことで、値段もやすくてサービスの良い引越し会社がわかります。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金は、何をもとにして決まってくるのかということなのですが、引越し料金の計算方法についてなのですが、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などから成り立っています。最初に引越し料金の運送費ですが、運送費には運賃と作業料が含まれています。荷物を運ぶトラックの大きさや必要な作業時間引越し先までの距離はどのくらいかで引越し料金の金額は違ってきます。引越しに使用するトラックが大きくなるほど引越し料金は増額になりますし、そして、使用するトラックの台数が多くなるほど引越し料金は高い価格になりますし、当然ですが、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金は増額になりますし、他にも、人件費についてですが、これは作業に必要なスタッフのことで必要な作業員の数が多ければ多いほど引越し料金は高くなります。そのつぎは引越しの梱包費と交通費ですが、梱包費は引越しに使用する梱包材料や梱包作業になります。交通費というのは高速や有料道路の料金ですから使わなければ必要ありません。それから保険料といいますのは業者によって有無を確認しておくといいと思います。荷物の破損や紛失などのトラブルがあった場合、保険がかけられているかどうかは重要なポイントになります。引越し料金はこのようなことから計算されています。引越し料金は、時期や業者によってかなり差がありますので、3社くらいを比較をしてお得な業者を選ぶのがよいと思います。

 

 

■引越しのオンライン見積もり
引越し業者への見積もりはインターネットを利用してもできます。インターネットでどうやって引越しの見積もりをするかといいますと、利用方法は、連絡先や必要な事項を入力して送信すると一度入力をするだけで複数の引越し業者に見積もりを依頼することができるのがこの一括見積比較サイトの特徴です。多くの引越し業者に自分で見積もり依頼の連絡をするのはなかなか大変ですが、これを使うと、たった一回で済んでしまうこともあって、テレビやラジオでもCMしていることもあり利用者も増えています。しかし、この段階での見積もりでは、大雑把な目安となり料金がわかるだけで、具体的な引越料金を見積もりしてもらうには、実際に訪問してもらって計算して見積をしないとできません。インターネットの見積もりのよい点というのは、自分でたくさんの引越し業者に見積もり依頼をしなくてもよいという点で、自分が知らなかった引越し業者からも見積もりをもらうことができます。多くの引越し会社を比較することによって最もお得に引越しができる業者がわかりますから、最もお得な会社に引越しを依頼することができることです。実際に引越し料金は業者によってけっこう違いますから、お得に引越しをしたい方はぜひ使ってみるとよいですよ。

 

■引越しの見積もり比較
引越しの料金についてなんですが、見積を比較する場合にはポイントになる点がありますどんなところに注目をしてみるとよいかということですが、まず、見積もりを比較する場合には、金額を比べるのはその他のサービス内容でも比較してみなければなりません。というのは、引越しの見積もりをしてもらった場合に、プランの種類がいっしょであってもダンボールやガムテープはどれだけくれるのかとか、ハンガーボックスがつくのか、梱包用の資材などはどうなっているのかなども各社の見積もりを比較する場合には確認してみるとよいでしょう。業者によって、引越し業者と契約時に、なにかのプレゼントがもらえるとかサービスを行っているところもありますし、タンスの中の衣類などは出さなくてもよい場合もありますし、中身を出さなければ運べないというところもあります。引越しの見積もりをしてもらったらほかにも数社に引越しの見積もりを依頼して、価格とサービスの両方を比較してみるのがいいですね。引越しの見積もりを比較をすれば値段が安いのはどこであるか、サービスがよいのはどの会社なのかが、比べてみることができます。ですので、引越しの見積もりは1社だけではなくて、何社が比べてみると、どこに頼むのがよいのかわかります。

 

■引越しと防震
防震対策を引越といっしょにやってしまうのは効率的ですね。阪神大震災があってからは引越し業者さんでも引越しの際に防震グッズを設置してくれることをオプションでしてくれたりするようです。免震シートや固定金具などいろいろなものを引越会社では用意しているようです。例として、新居に家具を運搬、設置をしたら家具が倒れないようにするための転倒防止ようの金具などもありますし、家具の配置を行う場所に下に免震用のシートを入れておくという方法もあります。家具の運搬、設置が終わってしまってから、地震対策グッズを取り付けるのは大変な場合もあります。また、そういうものを自分で探して買ってくるのも手間です。引越し業者のサービスを利用すれば、どうせ荷物を動かすついでなので効率的です。引越しと防震ですが、それぞれの引越し業者によってもやってくれることに違いがありますし、そのオプションの料金にも差があると思います。各社のホームページなどを見てみると、地震対策のサービスの内容や料金なども載せられているはずですから、そちらで確認をして違いを比べてみるのがよいかと思います。引越の際に地震対策もやっておくということは、大切なことではないでしょうか。地震対策については引越し業者もそれほど勧めるわけでもないので、こちらの方から聞いてみるとよいのではないかと思います。

 

 

宮崎県から福岡市への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
宮崎県から福岡市への引越し概算見積もり額は
おおよそ50,000 〜 90,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
宮崎県から福岡市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ60,000 〜 150,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
宮崎県から福岡市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ70,000 〜 200,000円の費用が相場です。

上記は、宮崎県から福岡市への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越し業者の種類
引越し業者ってどこに頼んだら一番よいのでしょう?引越し業者といってもいろいろな引越し業社があります。例えば全国に支店があるような大手の引越し業社だったりその地方に根差しているような中堅業者もあります。また、赤帽のような軽貨物運送業者もあります。引越し業社にはたくさんの会社がありますがどの引越し業者を選ぶのかは、自分の引越しに合った業者を考えればいいと思います。例えば一人暮らしで荷物がすくない引越しで、家具や家電がついているような賃貸マンションなどに住む人もいると思います。そのような場合には引越し専門業者などに頼む必要もなく、宅配便でダンボールをいくつか送れば済んでしまうこともあるでしょう。また、単身赴任の引越しの場合には、多くの運送業者で単身パックのようなものがありますからそちらを依頼すればスムーズに単身の引越しができるのではないかと思います。こんなように、引越し業社を選ぶには自分の引越しの内容を考えてそれに合ったもので考えるのがよいのではないでしょうか。その中でも引越し業者は、何社かの会社に見積もりを依頼してみて引越し業社を種類によって選んだりどこまでのサービスが含まれるのかも確認して、最もお得な会社に依頼するのがよいですね。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングってみたことありますか?これから引越しを考えている人にとってはかなり参考にしてよい情報ではないでしょうか。ランキングで上の方になっているような引越し業者ですと、実際に頼んでみると、選んでよかったという業者が多いと思います。このランキングというのは、多数の引越し業者の見積もりを一括してできるようなサイトによく見ることができます。いろいろなランキングがあったりして、引越し見積もりが安かったランキングですとか、受付の対応や訪問をした時の対応、引越し作業員の態度がよかったかという評価や実際に引っ越しをした際の作業品質に対する評価で、ランキングがされているのが一般的です。今、引越しの予定があって、計画をしている人にとっては、引越しはそんなに頻繁にしないからよくわからないということもあるのではないかと思います。そういう方の場合、引越し業者のランキングをチェックしてみるとかなり参考にすることができて、役に立つものだと思います。一括見積サイトに掲載されているのは、このサービスを通じて実際に、利用した人が書いている感想なので、比較的安心して信頼できる情報だと思いますから参考にするといいでしょう。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者や依頼するサービス内容の選び方について、荷物の量や家族の都合といったことによって、引越し業者の選び方も変わってくると思います。例として、一家そろって引越しをするような場合、人数が多くなればなるほど、普通は、荷物も多くなりますので、引越しは、それだけ大変になりますよね。小さな子供がいれば、子守もしながらになりますし、家族で引越しをする場合には、その作業量というものを考えて、引越し業者やサービスパックを選択するのが賢明です。子供がまだ小さい家庭ですとか、お年寄りがいる家の引越しの場合では、子供や高齢者の引っ越し準備もしてあげなければいけませんし、仕事をしている人は、仕事の合間に、家の引越しの準備もしなければならないわけで、なかなか時間がないのが普通でしょう。こういった場合に便利なのは、梱包作業から全部請負ますというような、荷造りから全部引越し業者がやってくれるようなサービスのある引越し業者とそのサービスを選ぶことで、引越しをするのも安心なのではないでしょうか。もしも単身での引越しの時には、自分の荷物だけですから、家族で引越しをする時に比べれば、それほど大そうな引越しにはならないと思います。単身引越しパックなどをCMしているような業者に依頼すれば、わりと簡単に、比較的安い料金で引越しできると思います。人数が多い場合と違って、単身の場合は引越しもわりと楽なので、単身パックのようなサービスを選べば、難なく引越しも住んでしまうと思います。

 

 

■引越しのらくらくパック
引越のプランにらくらくパックというようなものがありますけど、らくらくパックという引越しプランは大手の引越し会社などであればたいていありますが、プランの名前やサービス内容はそれぞれの業者で違うかもしれませんが例えば、クロネコヤマトの引越の場合ですと引越しらくらくパックという商品名になっていますが、日本通運の場合は、ゆうゆうこんぽとか言っていたと思います。松本引越しセンターでしたらおまかせコースと呼ばれていたと思います。引越会社のほうで小さな荷物の荷造りも荷物の運搬作業まで何から何までやってもらえるというプロの引越し業者が全部やってくれるパックになっている商品がこのらくらくパックです。引越の作業を全て業者に任せることができるとはいうものの例えば、持っていくものと処分するものの整理などは、こちらでやらなければならないことですね。引越しのらくらくパックの中で梱包の解体まで含まれているサービスだったとしても梱包を解体してダンボールなどは片づけてくれますが、荷物の片づけなどは自分がしなければなりません。しかし基本的な引越プランと比べて少々お値段は高くなるとおもいますが、業者がかなりの部分をやってくれますので、時間がない人などではよいサービスですね。小さな子供が何人かいたりすうると準備するのも大変だったりしますので、こういったサービスを頼むのが、利用価値はあるのではないでしょうか。

 

■単身引越し
自分ひとりで引越しをする場合は、単身引越し向けのサービス商品があります。独身や学生など一人暮らしの人の引越しの場合は、家族で引越しをする場合とは、だいぶ事情も違ってきます。独身者でしたら、ふつうは家具や家電もそれほど大きなものはないですし、荷物の量もそれほど多くない場合が多いと思います。単身の人が家族向けの引越しのプランにあるダンボールなどの無料サービスや保険などは、それほど必要ではないでしょう。それより、引越しの料金を少しでも、安くしてもらったほうが嬉しいのではないでしょうか。自分一人でひっこしするなら、荷造りなんかもわりと簡単で大丈夫でしょうし、引越しの荷物を運ぶトラックの助手席に乗せていってもらえるというサービスもあるので、そちらの方が便利ではないでしょうか。単身赴任などの場合には単身用の、また、学生の引越しには学生向けになっているような引越しプランもあるので、それを申し込んだほうか、価格的にもお得になっていると思いますし、引越し業者の人も、勝手がわかっているので、てっとり早くできると思います。単身引っ越しパックは、わりと多くの引越し会社であるのではないかと思いますので、一度、各社の内容を見比べてみて、価格とサービス内容の両方から見て、探してみると、ちょうどいいものが見つかるのではないでしょうか。しょせんは自分ひとり分の荷物の量ですし、それほど料金も高くならないでしょう。

 

■自分で引越し
自分で引越しをやってしまおうと考えている人も、特に単身引っ越しの場合などは多いと思います。引越しを自分でやってしまおうという場合のメリットもありますし、デメリットもあるので、一応考えておくのももよいかと思います。最初に、自分で引越しをする場合のよいところとしてはなんといっても、引越し業者の料金が必要ありませんから、引越しにかかる費用が安くなります。その他にも、自分の好きなようにできるので、気分的にらくということもあります。引越し屋さんを頼めば確かに楽ですが、初対面の引越し屋さんのスタッフに、あれこれと指示をしたりこちらが頼んでいるとはいえ、気を使ったりして作業はしてもらえますが、なにかと気疲れするものです。引越し業者に頼まないで自分でする場合は、仲間や家族で引越しすることができますから和気あいあいとできるのかもしれません。引越しを自分で行うと良いことばかりでなくデメリットもあります。引越しを自分で行う場合の困ったところは結局は、なんだかんだで、引越し業者に頼むより高くついてしまったということも実際には多いと言われています。友だちに引越しを手伝ってもらうのですから、食事をおごったり、何かお礼のものをあげたりしますから、レンタカーを借りたりして、結局は、引越し業者に頼んだ方が安く済んだのではないかということもあるようです。その他にも、自分達だけで引越し作業をする場合は、引越し業者のように、教育されたプロの作業員ではありませんから、実際にはそういうことは多いと思いますが、家具を傷つけたり、なにかと予期せぬことも起こりがちです。なので、引越しを自分ですることはメリットもありますが逆に高くついてしまうこともありますから、そんなことも考えて、どうするか決めるとよいのではないでしょうか。

 

 

宮崎県から福岡市への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
宮崎県から福岡市への引越し概算見積もり額は
おおよそ50,000 〜 90,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
宮崎県から福岡市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ60,000 〜 150,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
宮崎県から福岡市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ70,000 〜 200,000円の費用が相場です。

上記は、宮崎県から福岡市への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

宮崎県から福岡市への引越し 参考データ

宮崎県、福岡市間の直線距離は約210km

 

■福岡市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
福岡市役所 福岡市中央区天神1丁目8番1号 代表電話:092-711-4111
【電力】
福岡市東区・博多区(一部)、宮若市(一部)、糟屋郡
福岡東営業所:福岡市東区名島二丁目19番12号 0120-986-204

 

福岡市中央区(一部)・南区(一部)・博多区(一部)、筑紫郡那珂川町(一部)
福岡営業所:福岡市中央区渡辺通二丁目1番82号 0120-986-205

 

福岡市城南区・早良区(一部)・西区・中央区(一部)・南区(一部)、糸島市
福岡西営業所:福岡市西区姪浜駅南一丁目9番20号 0120-986-206

 

福岡市博多区(一部)・南区(一部)・早良区(一部)、飯塚市(一部)
福岡南営業所:筑紫野市二日市西一丁目6番5号 0120-986-207

 

【ガス】
西部ガスお客様センター電話:092-633-2345  

 

【水道】
福岡市水道局お客さまセンター 電話番号:092−532−1010